なかまユニオン ブログ

職場の悩みを解決しよう!
労働相談、組合結成の相談は、06−6242−8130まで。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
A社のセクハラ事件



 株式会社A社は、女性の社員も多く、「女性が活躍している優良企業」と評価されています。同社の子会社である株式会社B社は、一昨年6月「研修」と称して京都の会員制ホテルに女性社員を宿泊させ、往路の車中から女性社員に

飲酒させ続けた末に、2名の女性社員に対して重大なセクハラ事件(準強制わいせつ事件)を起こしました。その結果、被害女性2名は精神失調をきたし、以降就労不能となりました。女性に対する性暴力であり人権侵害です。

この「研修」には、Bの社長に加えてA社の社長も参加していました。

 なかまユニオンは、両社に対して団体交渉を申し入れ、真摯に事実を認め謝罪すること、再発防止策を取ること等を求めてきました。しかし、両社は、セクハラの事実を認めようとせず、逆に、昨年10月には、債務の不存在の確認と、社前行動や抗議ファックスを名誉毀損として、200万円の損害賠償を被害者2名となかまユニオンに求めてきました。

セクハラを否定するだけでなく、組合活動を妨害する極めて不当な裁判です。

私たちは、このような不当な訴訟に対して応訴するとともに、セクハラによる損害賠償を求める反訴状を提出しました。

第3回弁論が神戸地裁で開かれます。

つきましては、被害女性の人権回復と組合攻撃を跳ね返すため、ぜひ、傍聴をよろしくお願いします。


第3回期日  2016年 3月29日(火)13時15分
一階ロビーに集合 12時45分
法   廷  神戸地方裁判所 228号法廷
裁判終了後、「アステップ神戸」で、報告集会。

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.