なかまユニオン ブログ

職場の悩みを解決しよう!
労働相談、組合結成の相談は、06−6242−8130まで。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2・10なかまユニオン春闘学習会

 

集会では、安倍の「働きかた改革」の狙いと最低賃金1500円運動 の講演を受けた。
安倍が働き方改革実現会議で出している同一労働同一賃金、残業規制案などは、本来の意味とは全く違い、まやかしであること。


安倍の「働き方改革」の目指すものは
1、日本型雇用制度(終身雇用) 正社員概念の破壊(限定社員など解雇容易・低賃金) 格差是正は正社員を低賃金化することによって。2、残業は、過労死水準ギリギリの上限設定 抱き合わせで残業代ゼロへ(管理職一歩手前)。
3、女性労働の細切れ化(在宅ワーカー)低賃金への置き換え
4、本来労働政策を実質的に決める「労働政策審議会(労政審)」(労、使、第三者で構成)を形骸化し、官邸主導で労働政策決定ができる体制の確立。
といえる。


こうした動きは労働者に評判の良い政策を打ち出して労働者を抱き込んで政権をとり、政権を握るや、労働組合やストライキを禁止など悪法を次々出したヒットラーの政策と近似していることに注意が必要である。安倍は改憲を進めるためにごまかして労働者、連合などを取り込んでいるのだ。

 

なかまユニオンとしては、本当に格差をなくし、当たり前に生活していけるだけの最低賃金1500円の運動を強め、労働制度改悪を許さない取り組みを強めていく。今年は非正規、低賃金で違法な働きかたも多いと言われるファーストフードの業界団体への署名行動要請行動などに取り組もうと呼び掛けられた。

- | 03:11 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.